6月のデコレーション

May 24, 2018

こんにちは。fabric-storeスタッフです。

事務所の入り口に、毎月余り生地で作ったデコレーションを飾っています。

6月分が完成したので、ご紹介しますね。

まずは雨&てるてる坊主!

生地を1cm幅で裂いて、束ねて作ったポンポンを台紙に貼って、カラフルな雲ができました。

余っている生地がある方は、試してみてください。

生地だけでなく、リボンや毛糸を混ぜてもよさそうですね。

 

 

★使用した生地★

05016 カラフルギンガムチェック(小チェック2)

06406 定番ペールカラーギンガムチェック(中チェック)

 

 

 

手先が器用なスタッフが今はまっているもの、それはつまみ細工です。

Instagramでもご紹介しましたが、もうすぐ梅雨ということで、あじさいができました。

 

小さなお花がたくさん集まっていて、とてもきれいです。

作るのは見るからに大変そうですが……

 

生地を小さな正方形に切り、爪楊枝でボンドをつけて畳んでいきます。

正方形→2つ折りの三角形(右)→端をくっつけて花びら1枚(左)ができました。

つまみ細工の基本の「丸つまみ」です。

あじさいは花びらが4枚なので、花びらを4つ作ってくっつけます。

中央に花芯やビーズをつけて、1つ完成です。

 

伝統的なつまみ細工は、花びらをたくさん用意して一気に組み立てていきますが、ボンドで1つずつパーツを完成させていくと、空いた時間に少しずつ作っていけるので、意外とハードルは高くなさそうです(細かい作業に慣れるまでは大変そうですが……)。

 

花びらを5枚にしたら梅になり、ブローチピンやヘアゴムにくっつければ、かわいいアクセサリーになりますね。

コツは、生地を切るときに正確に正方形に切ること!ボンドをつけすぎないこと!です。

 

 

★使用した生地★

75173 双糸使いオックスシャンブレー(無地1)

75173 双糸使いオックスシャンブレー(無地2)

 

 

Please reload

Archive

Please reload

Please reload

Please reload

Mon - Fri : 10am - 6pm

  • Grey Instagram Icon
  • Grey Facebook Icon

© 2002-2018  fabric - store. All Rights Reserved.

​兵庫県多可郡多可町八千代区仕出原681